B


部下から見た職場によくいる上司の特徴 人気順ベスト5




f:id:bnumber:20170319035105j:plain

上司には様々な人がいますが、おおよそ型にはめ込むとそんなに数はいないものです。そんな上司たちの特徴を人気順で紹介してみたいと思います。部下に嫌われてる人必見です。

5位
常時ストレスフル系上司

一人でいつも何故かカリカリしている上司。

このタイプは些細な要件でも未知の業務頼まれようものなら周りに聞こえるようにイライラしだすので厄介。そういう場合は皆が揃いも揃って巻き込まれないために下を向いて仕事をする振りをしているため、社内がエリート集団に見えるので社内写真のシャッターチャンスを生み出す。異常音発生系上司(放屁やゲップ)を兼ねる場合も多々あり、社内の社員から忌み嫌われることが多い。


4位
空気系上司

会社に出勤して会社から帰っていくだけの上司。

あまりに空気である為出社時間も帰社時間もタイムカードでしか分からない。仕事内容は秘密裏な特命係長的仕事である疑いが持たれることも多い。特に害もないが仕事をしてほしい気もするため4位。


3位
友人系上司

“上司と部下”という垣根の存在をぶち壊してしまう快活上司。

友人以上上司未満という新たなジャンルを生み出してしまった現代的社員の筆頭。部下が怒られていると、その部下以上にくだらない失敗で怒られるのを目にすることが多いのもこのタイプ。同レベルで仕事の愚痴を言い合える社内の柔軟剤のような素晴らしい社員。だが、部下の責任は取らないというか取れないことが多く、責任のなすりつけあいも同レベルで発生するため3位。子供の言い合いみたいと評判。


2位
能力ありすぎ上司

給与に見合わない程能力があり、効率よく仕事を裁いていく企業を支える有能上司。

何においても“スケジュール”を大事とし、複数のスケジュールを上手く取りまとめて作ってしまうことが得意なのが共通点である。また、各専門資格に加え、エクセルやアクセスの知識が豊富であり、部下はMicrosoftなんて本気で冗談を言ってしまう人もいるという。
能力に不満はないのだが、高すぎる能力がどうしても基準になってしまうことが吉。部下はあなたを信頼するとともに畏怖を感じることが多い。心より尊敬はするので2位。


1位
菩薩系上司

多分1000円を財布から目の前で盗まれても強く怒らなさそうな上司。

部下ながら「いや、待て。そこは怒るべきだろう」ということでさえ決して怒らず黙々と仕事を続ける。あまりに怒らない為に職場では“怠惰病”が蔓延することも多いという。基本的に仕事は自分一人で達成する主義の人が多く異常な量の仕事を抱えているが表立ってそれを開放しない菩薩。本の位置がズレてるとかで怒るので実はよくわからない。ストレス障害かもしれない。でも、皆から信頼が厚く良い人である為1位。




こう分かれるのって、生まれつきの性格なのか、育った環境なのか、現在の立場なのか、複合要素なのかよくわからないから不思議です。

広告を非表示にする