B


仕事中に頭が真っ白になる程極度に緊張した時の対処法 ベスト3




f:id:bnumber:20170319025528j:plain

職場で会議や発表,難しい仕事の取り掛かりなど緊張してしまって頭が真っ白で “どうにもならない!!!” “これはまだ私の30%くらいですよ“なんて思ってしまうことありませんか?そんな厄介な緊張のほぐし方ベスト3をご紹介

3位
とりあえず大声を出してみる


緊張緩和に声を出すことは効果絶大。相乗効果として、あなたが大声を出すことで周囲の人間も必然と大きな声で話さないと電話もままならないので、職場の指揮が上がっているように見えてあなたの評価はうなぎ登り間違いなし!気がつくと周りが優しく早退させてくれる可能性も見えてきます。

街中で時折奇声を発する人を見かけますが、大体ストレスからくる何かなのだと思います。体が自然に奇声を大声で発する=自己防衛本能 という世論が認める公式にも当てはまるので所かまわず叫ぶことで危機的状況を周囲に伝えることもできてしまいます。

どうしても嫌な人は外で一人で叫びましょう。


2位
寝てみる


寝ている間に緊張できるなんていう器用な方はいないですよね?寝ちゃえば緊張なんて吹き飛ぶんです。周りが怒ろうが寝ている間に意識ある人なんていないでしょ?そういうことです。

上司「君はなんで寝てるんだい?」
なんて聞いてくる真面目な上司には真面目に正直に切り返してみましょう

自分「緊張しちゃって少し落ち着きたいんです」
なんて言われた真面目な上司は、真面目に緊張緩和に努めてくれたりするもんです。真面目っていいことだなー(上の空)


1位
帰宅する


緊張の原因っていっぱいありますね。対人関係であったり仕事のプレッシャーであったり仕事で上司の機嫌を伺ったり、、、あれ?会社のせいなのでは?つまり帰っちゃえば全部解決するのでは?さっ、有給か欠勤届を書きましょう。明日頑張ればいいのです。

有休申請理由に“緊張してしまった為”なんて書いてあったら笑ってゆるしてくれる気がしなくもないのが会社の不思議の1つです。可憐な女の子なら95%申請許可でしょう。





以前、仕事の難易度に疲弊して30分ほどデスクで寝た振りをしたことがありますが、誰も怒りもしてませんでした。上司の優しさか、はたまた見捨てられたか

広告を非表示にする