B


ハゲてしまってから注目を浴びた2匹の動物と人間の心温まる物語




f:id:bnumber:20170225180732j:plain

世の中の動物は多くが毛を保有しています。しかし、ここでは体質や病気などにより毛がなくなってしまっても元気に生きている2匹の動物たちを画像付きでご紹介いたします。


“障害”の肖像として有名になった裸のオウム

f:id:bnumber:20170225180817j:plain
 このオウムは嘴と羽の病気により羽毛を完全に失ってしまいました。しかし、それでも愛らしい彼の見た目や生き抜こうとする行動が、ソーシャルメディアで有名となり、“小さな違いは絶対に生きる上で問題ではない”というイメージを世間に植えつけ、障害の良い象徴となりました。




一気に換羽してしまって羽がなくなってしまったペンギン

f:id:bnumber:20170225180826j:plain
 何故か一気に羽が抜け落ちてしまい日焼けや寒さに弱くなってしまったペンギン。彼をみかねたサーフィンブランドのO’Neilがウェットスーツの技能を生かし、彼専用のウェットスーツを作ってしまいました。
 背中には名前付きで、遊びやすい設計になっているため、今も元気に遊んでいるようです。






 技術の進歩や人の協力があれば大抵の障害は越えられてしまうのかもしれないですね。
人間のハゲはどうかって? ほら、ハゲた白人とかかっこよくないですか?夢を見よう。夢を。

個人的イケメン薄毛代表 ジェイソンステイサム



9 Weird Looking Hairless Animals

広告を非表示にする