B


一般社会人がyoutuberと聞いて思い描くイメージ ベスト5




f:id:bnumber:20170319160259j:plain

若者に大人気のyoutuber。若者には大人気でも社会人からはどう捉えられているのでしょうか?よく聞く意見ベスト5をご紹介

5位
youtuberってなんだ?


youtuber素人。youtuberは知ってる。erだからworkーworker的なことから予見してyoutubeで観光動画でもアップしてるんだろうな。なんて思ってます。

「youtuberがどうのこうのー」って話しかけて見て、大人の余裕でニッコリされたらその人はyoutuberを知らない、若しくはyoutuberをやってて言えないのかもしれません。見付けて弱みを握りたいところ。



4位
君の名は?


youtuber初級者。有名らしいが見たことも聞いたこともなく名前が出てこない。適当に名前はマイケルとか教えてしまうと誤った知識を自信あり気に面前で振りかざすことがあるので注意。



3位
暇なんだろうな


youtuber偏見者。社会人は仕事に追われることが社会人たるアイデンティティという完成した日本人思想家に多いyoutuberのイメージ。

「動画を撮るよりも仕事を覚えろ」の全人格労働思想の基、一致団結してきた日本人文化の流れの中を今もさ迷っているのでしょう。



2位
恥ずかしくないのか?


youtuber傍観者。清く淑やかに一歩後ろを歩くのが日本の美徳。写真に入りたくない人さえ多いこの世の中で自分の動画を公開するなんて考えるだけで赤面しちゃう一般日本人。

実のところ殆どyoutuberに興味はなく、酒の肴くらいにしか考えていないがここがボリューム層。



1位
何が面白いんだ?


youtuber観察者。youtuberというバズワードに敏感に反応しちゃって一度youtuberの動画を見てしまった行動派。

動画を見るも、1分でつまらなくなり、2分で意識とは関係なく'閉じる'ボタンを押してしまう。実際に社会人でyoutuberを面白いなんていう人は工業高校で美女を探すくらい難しいかもしれない。工業高校に美女がいないなんて一言も言ってません。





youtuberは稼いでいる限り「仕事」だと管理人は認識しています。一方で社会的に「仕事」として認識されるかというと難しいところな気がしてしまいます。

広告を非表示にする